vio脱毛は人気があるけど、施術するのは恥ずかしい?

近年、vio脱毛の需要は高く、多くのサロン・クリニックでは人気の部位として定着しつつあります。Vioラインのムダ毛を脱毛するのはオシャレや身だしなみの1つ、それに衛生面においても良いと言われる一方、施術を受ける前に躊躇する人が多いようです。

躊躇する理由はズバリ羞恥心!ムダ毛を目立たなくしてくれるのは有り難いとはいえ、対応してくれるのは人間です。vio脱毛をするためとは言え、スタッフの前で恥ずかしい姿をさらけ出すことになるので、羞恥心を抱くのは当然ですよね。

サロン・クリニックの対応について

普段、vioラインを他人はもちろん、自分ですら見る機会なんて滅多にありませんよね。そんなデリケートゾーンをスタッフとは言えど、見られるのはやはり抵抗を感じるものです。

このような羞恥心を少しでも和らげるため、サロン・クリニックではどのような対応をしているのでしょうか?

丸見えを回避!vioの脱毛は紙ショーツで羞恥心を和らげる

少しでも羞恥心を和らげるため、施術中に紙ショーツをはいたままで施術するところが多いです。サロンやクリニックによっては使用せずに脱毛するところもありますが、紙タイプのショーツを用意している場所が大半なので、とりあえず丸見えは防げそうです。

施術時は紙ショーツをはいたままベッドに横たわっていると、スタッフが脱毛する部分を、その都度めくりあげながら、あるいは少しずつずらしながらvioラインを照射していきます。「片足を立ててください」「今度は足を横に倒してください」など、その都度、体勢を支持されるので、それにさえ従っていれば大丈夫です。

必ず用意されているわけではないので注意!

ちなみに脱毛サロンではキレイモやミュゼ、銀座カラーなど紙ショーツを用意しているサロンが大半を占めていますが、脱毛ラボはガウン着用のみで紙ショーツはありません。つまりガウンをめくれば丸見え状態なので、全サロンで用意している訳ではないようです。

Vio脱毛は見た目が良くなるだけでなく衛生面においてもメリットがあるため、需要が高まっています。そんなvio脱毛をスムーズに進めるためにも、紙ショーツがあって当たり前!とは決め付けず、気になる方はスタッフに聞いておくことをおすすめします。

回数を重ねれば、いつの間にか気にならなくなります

紙ショーツはvioラインの脱毛をする際の最低限のやさしさとも言える方法ですが、初めて利用する人にとっては、これだけでも恥ずかしく感じるかもしれません。しかし何度か同じことを繰り返しているうちに慣れてくると、だんだん紙ショーツをはかなくても大丈夫な人も増えてきます。

ムダ毛や気持ちの変化によって羞恥心が和らぐ

回数を重ねるごとに緊張がおさまってくることや、ムダ毛の変化を見てキレイになっていくことに嬉しさを感じるため、恥ずかしいという想いよりも、もっと脱毛してキレイにしたい!という気持ちのほうが強くなりがちです。

メモ
近年ではvioや顔込みの全身脱毛も人気で、料金もリーズナブルになりました。紙ショーツで隠していると照射漏れがあるのでは…?と心配する余裕すら出てくるかもしれませんね。

そもそもスタッフはvioラインを意識していない

また、スタッフ側は毎日何人もの利用者を相手にしていて、仕事と割り切って対応してくれるので、心配するだけ無駄だと分かることも大きいです。実際、施術を担当するスタッフも見ているのはムダ毛であり、紙ショーツで隠れているvioラインを見る余裕なんてないというのが本音のようです。

ここがポイント!
vioは足を開きながら施術を進めることが不可欠であり、脱毛の効果をしっかりと得るには恥ずかしいと思う気持ちを捨てることが大事なのです。

早い人では2回目から平気になるようなので、あまり深く考え過ぎずトライしてみてはいかがですか?