vio脱毛と不妊の関係性を疑う女性が増えている

vio脱毛を希望する女性は今増加傾向にあります。しかしvioラインはデリケートゾーンであり、女性ならば誰もが一度はvio脱毛と不妊の関係性について不安に感じることでしょう。

デリケートゾーンを施術することで、レーザーやフラッシュの影響が子宮やお腹の中の赤ちゃんにまで影響するのではないか?妊娠しづらい身体になるのではないか?将来的に子供が欲しいと考えている方にとっては、このような不安を抱えるのも無理はありません。

実際、カウンセリングや相談窓口でも数多くの問い合わせがあるので、多くの女性が悩んでいる様子が伺えます。

vio脱毛が原因で不妊に繋がるって本当?噂の真実とは

結論から言うと、脱毛が子宮に何かしらの影響を与えたり、不妊に繋がる要素を含んでいることは一切ないので、vio脱毛したことで子供ができにくくなることはあり得ません。もちろん、デリケートゾーンだけでなく他の部位を対象にした一般的な脱毛施術でも、不妊の影響となることは一切ないので安心してください。

というのも脱毛で使われるレーザーやフラッシュが届くのは皮膚のほんの表面でしかなく、しかも毛根の黒いメラニンにのみ反応します。つまり、子宮などには決して届くことはないので、脱毛が原因で子宮に何かしらの影響が出ることはあり得ないのです。

注意点
ただし、施術には強い痛みを伴うこともあります。

そのストレスが大事な身体に精神的なストレスを与え、影響が出る可能性はないとは言い切れません。その際には出力レベルを下げてもらったり、痛みの少ない脱毛法を取り入れているサロン・クリニックに切り替えるなどの対処を取ると良いでしょう。

ホルモンバランスの関係で脱毛効果が得られない場合も

vio脱毛するならしっかりと脱毛効果を実感したいですよね。しかし、場合によっては効果が半減してしまう場合もあります。そもそも体毛とホルモンは大きく関係していて、脱毛効果をアップさせるためにはホルモンバランスを整えることはとても重要なのです。

では、ホルモンバランスが乱れる時期とはいつなのか?早速、チェックしてみましょう。

不妊治療中・妊娠中は控えましょう

不妊治療中などはホルモンバランスが急激に変化します。ホルモンバランスが乱れやすい不妊治療中は確かな施術の効果が得られない可能性もあり、これは同様に妊娠中にも言えることです。

脱毛自体、不妊に繋がる要素はありませんが、不妊治療中もしくは妊娠が発覚した時点で施術を控えておくのがルールです。ちなみにレーザー脱毛やフラッシュがお腹の中の赤ちゃんに影響を及ぼすことはないので、妊娠が分かる前にvio脱毛したとしても大丈夫ですが、やはり脱毛効果は半減しますし、つわりなどで体調も崩しやすいので無理は禁物です。

メモ
エステやクリニックなどでも大事な身体に何かあった場合の責任は負えませんので、不妊治療中や妊娠中の施術をお断りすることになっています。

 生理中は肌トラブルの原因に

生理中もまた、ホルモンバランスが乱れやすい時期なのでvio脱毛はおすすめしませんし、経血があるので衛生上の問題で脱毛不可としている場合がほとんどです。

メモ
サロン・クリニックによっては生理中でもvioライン以外であれば施術OKとしているところもありますが、肌が敏感になっている時期でもあるので、肌トラブルを起こしやすくなっています。安全を考慮し、不妊治療中と同様、生理中の脱毛も控えるのがベストです。

vio脱毛は魅力的!衛生面でも清潔に保つことが出来る

身体の脱毛を徹底している人の中には、究極の脱毛と言われるvioのムダ毛も払拭しているケースが多く見られます。もともとはヨーロッパなどで伝統的に用いられてきた風習ですが、自らの美容的な意味合いと同時に、雑菌が繁殖する温床となりやすいvioのムダ毛を取り除くことで衛生面でも徹底できるというメリットがあります。これによってデリケートゾーン特有の痒みや匂いが改善される効果もあるのです。

子宮への影響もないですし、ましてやvio脱毛が原因で不妊に陥ることもありません。ただし、妊活のため不妊治療中・妊娠中・生理中の方はホルモンバランスが乱れやすい時期なので、脱毛しても効果は得にくく、肌トラブルのリスクも高くなります。

せっかくメリットがたくさんあるvio脱毛なのですからホルモンバランスが乱れる不妊治療もしくは妊娠中ではなく、それぞれ終了してホルモンバランスが整ってからサロンまたはクリニックでvio脱毛を開始してみてはいかがですか?