Vioラインのムダ毛をカミソリで処理するのはアウト?

ムダ毛処理をカミソリ除毛でされている方はとても多いのではないでしょうか。カミソリでの自己処理はvio脱毛とは違い自宅でさくっとできますし、もちろん時間もかからないので、手軽感はかなりあります。

しかし、どんなにキレイに剃ったとしても剃り残しができてしまうこともありますし、黒く点々として見た目が悪い仕上がりになりがちです。またカミソリを使ったことで毛先が尖り、チクチクしてしまい下着から飛び出してしまうことも…。
カミソリは痛みを伴わずに済むので中高生のムダ毛処理にも適しているというメリットがある半面、せっかく処理してもすぐに生えてきてしまったり肌トラブルを招くという大きなデメリットもあります。

肌に直接刃が触れてしまうカミソリは、ムダ毛と一緒に必要な角質まで剃り落してしまい、肌に大きなダメージを与えます。お手入れの頻度が多ければ肌への負担も積み重なり、肌トラブルを招く恐れがあります。

肌のこと、そして見た目の悪さや使用頻度の多さを考えると、カミソリでのムダ毛処理はおすすめできません。vio脱毛への切り替えをおすすめします。

注意
vioのゾーンに関しては、iラインとОラインは自分で見えない部分になりますので、カミソリを使うのは危険です。特にiラインは粘膜に近いので無理な自己処理は絶対に控えましょう! 

vio脱毛にはメリットがたくさん!心配な痛みは?

Vioラインのムダ毛処理はカミソリ使用や除毛よりも脱毛で処理するのが1番おすすめです。
その理由は…

  • 見た目がキレイになる
  • 自己処理の手間が省ける
  • 肌へのダメージ、負担が少ない
  • 安全にムダ毛を減らせる
などのメリットがあるからです。
しかし中には、vio脱毛=痛いというイメージを持っている方も少なくないでしょう。人によっては大きなデメリットに感じてしまう恐れも…。そこで、脱毛サロンとクリニックでのvio脱毛の痛みの強さや、痛みに対する対処法などを紹介します。

脱毛サロンでのvio脱毛

サロンなどで行うvio脱毛は大変おすすめです。なぜなら、サロンではフラッシュ方式(光脱毛)で行うことが主流になっていて、気になる痛みはあまりないということで口コミでも好評だからです!

それでも、もし痛みに耐えられない場合は照射レベルを下げて施術してくれるので、必ず痛みを我慢しなければいけないわけではありません。他の部位ではあまり痛みを感じなくても、デリケートゾーンのvioラインは皮膚が薄いうえに1本1本の毛が太くて濃いのでどうしても痛みを強く感じてしまいがちです。痛みが強い時は無理せず、照射レベルを下げてもらったほうが良いでしょう。

クリニックでのvio脱毛

痛みに関しては、サロンで行うフラッシュ方式よりも医療機関であるクリニックで行うレーザー脱毛のほうが強く感じてしまう可能性があります。フラッシュ方式に比べレーザー脱毛は照射レベルが高いので効果的である半面、痛みが強いという難点があります。

しかし、そんなレーザー脱毛には照射レベルを下げずに施術できる方法があるのです。それが麻酔です。

メモ
麻酔の種類は笑気ガスやクリーム、静脈麻酔などがありますが、どの麻酔が使われるかはクリニックによって異なります。痛みが出やすい部位、特にvio脱毛をする際には必要に応じて使われる頻度が多く、痛みを我慢しながら効果の高い脱毛ができると好評のようです。

思い通りのデザインも可能!vio脱毛をするメリット

vラインは脱毛する際には好みの形に仕上げてもらえますし、薄くしてもらうこともできます。これで下着からのはみ出しも気にせずに済むので、好きなデザインの下着を身につけることができます。さらにIゾーンと、Оラインについては、なくすこともできますし、もちろん薄くするということも可能です。

vio脱毛はニーズに合わせて行っていくことができますので、まずはカウンセリングをして相談してみましょう。思い通りのデザインに仕上げてもらうことができますし、とてもきれいになります。

またvioゾーンをきれいにすることで、ファッション的なところはもちろん、衛生面もよくなるのでおすすめです。